婦人

講習を行うことがメイン

ダイビング

経験を積むことが大切

東京や大阪などの大都市だけでなく、海なし県を含めて日本全国全ての都道府県にはダイビングスクールがあります。ダイビングスクールの最も大きな役割は、ダイビングライセンスを取得するための講習を行うことです。ライセンスは初心者がはじめて受けるコースからはじまり、より上位のステップアップコースもあり、インストラクターになるためのプロコースもあります。初心者向けのライセンス取得コースは、学科講習とプール講習、そして海洋実習に分かれます。学科講習はあらかじめ自習をしておいて、ダイビングスクールで解説と最終試験を行います。プール講習は、ダイビングスクールの中にはプールを所有しているところもありますが、ほとんどの場合は近くのプールまたは足がつく深さの海に出向いて講習を行います。海洋実習は日帰り、または1泊の日程で東京であれば伊豆方面に、大阪であれば和歌山または福井方面に自動車を使って移動します。ライセンスを取得したら、さらに上位のライセンスを取得することやダイビングスクールが開催するツアーに参加することもできます。ライセンスを取得すると、世界中の海に潜りにいくことはできますが、経験をつけて、技術を身につけることによって、海の中を自由自在の泳げるようになって楽しみの幅が広がっていきます。自分にあったダイビングスクールを見つけて、ライセンス取得やツアー参加を続けていって、一生の趣味としてダイビングを楽しんでいってください。